タイトル画像

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

大好きだったおじいちゃん  




ここ最近は穏やかで少し暖かい日が続いていますね。

もう12月だなんて信じられません。
一年過ぎるのがあっという間。
今年一年も本当に色々とあったなぁと感じながら過ごす今日この頃。



これから書くことは自分の記憶に留めておくためでもあるので、少々生々しい言葉もありますので、苦手な方は申し訳ありませんが、閉じてくださいね。










12月2日の朝7時30分頃、義祖父が亡くなりました。

86歳の生涯。
前日の夜から意識がなく、体一つ動かさず一晩を過ごし、まるでロウソクの火が消えていくように、静かに呼吸が止まりました。

一昨日の夜にお通夜、そして昨日のお昼にお葬式をし、無事見送ることができました。
家族と親戚だけの静かで穏やかな式。
たくさんの方がおじいちゃんを見送ってくれました。

おじいちゃんは片足を失っていたので、今頃あの世で喜んでのんびり歩いてることと思います。



私とおじいちゃんが交わした最後の会話。
亡くなる前々日の夜です。

「おじいちゃん、今オムツ替えてもろたからね、もう寝よか」
「ありがとう」

最後の言葉がありがとうだったのは偶然だけど、とても嬉しかったです。



亡くなる前日の夜は、たまたま私が「心配だから自分が一緒に寝るね」と、おじいちゃんの隣で寝ました。
最初で最後の、おじいちゃんと私の二人きりの夜。
意識もなく呼吸だけが聞こえ静かな夜でした。

それでも一晩頑張ってくれたので、私と夜一緒に寝るのを喜んでくれてたのかなぁと思うと胸がいっぱいになります。




本当に長くて短い一年四ヶ月。
あっという間におじいちゃんは逝ってしまいました。

お通夜もお葬式も、私の目からは今まで経験したことのないくらいの涙が溢れ、流れました。
悲しいでもない、寂しいでもない、ほっとしたでもない。
自分でも何故こんなにも涙が出たのか、そのときどんな気持ちだったのか、今でもわかりません。


ただわかるのは、生涯を終えたおじいちゃんは幸せだと思ってくれていたということだけです。


足を失い不自由な生活になったおじいちゃん。
辛かったろうなとは思います。

けど、私の目に映るおじいちゃんは、いつも優しくいつも穏やか。いつも笑顔で私に話し掛けてくれました。
言葉にはしなかったけど、その表情がおじいちゃんの本当の気持ちだったのかなと。

足を失って不自由な生活でも、おばあちゃんや私達夫婦が側にいて、住みなれた自分の家で最後まで過ごして亡くなることができて、幸せだったときっと思ってると私は感じています。

そして長い長いおじいちゃんの人生のほんの少しの間でも、私と一緒に過ごしてくれて嬉しかったです。
ありがとうおじいちゃん。そしてさようなら。









覚悟と整理の時間をたくさん貰っていたので、私は落ち込んでいません。元気です。
また落ち着いたら四国ツーリングや教習のブログを書きたいと思っています。


大好きだったおじいちゃんとの長くて短い時間。
それが終わって、私は私自身のことを考える時がきたようです。

ひとまずお疲れ様。
おじいちゃんもおばあちゃんも、私も主人も。

私達夫婦は、少し休んだらまた歩き出さないとね。







にほんブログ村 バイクブログ 初心者ライダーへ
にほんブログ村


category: 日常&独り言

tb: --   cm: 20

コメント

お疲れ様でした。

僕は長男なので結婚直後から実家の横の家に住み、ずっと両親と一緒に僕の家族も育ちました。大学卒業後に母が倒れ働けなくなり、こんな家に家内がすぐにやってきてくれました。2年で今度は父が倒れ、まともの働き手は僕ら夫婦だけで家を支えてきました。
あと3ヶ月と宣告された父が82才まで生き、母も81才で亡くなりました。最後父は2ヶ月ほど入院し、母は前日まで普通の生活をしていました。

僕は喪主なので、いろんな手配で涙を流してる暇などなく葬儀を差配したけど、細かいところをフォローしてくれた家内や急遽東京から帰って来た息子たちです。僕の代わりに沢山涙を流してくれました。
震災の時も思ったけど、最後は家族が一番頼りになりますし、こういう経験が家族をより強く結びつけるんだなと感じました。
家庭に新しい生が生まれる喜びがあり、立派に家族を支えた者の引退もあります。古代より綿々と流れてきたこの流れに僕も乗っています。親が亡くなるというのを経験した時、僕も寂しいや悲しいより、「よ~し」という気持ちと、「親をしっかり送り出せた」という最低限の長男としての安堵感がありました。

読んでいて、いろんなことをまた思い出すことができました。ありがとうございました。

URL | のりまき #47HQXcl.
2013/12/04 18:53 | edit

おくやみもうしあげます

 こんばんはクロスプレーンです。

 御義祖父さまをお見送りになられたのですね。
心より御冥福をお祈りいたします。

 ミツさん最期まで御一緒に過ごされたのですね。
御義祖父さまも幸せに旅立たれた事と思います。

 私の同居義父も80歳で他界この秋に納骨が済みました。

 旦那様、ミツさんはじめ御家族の皆さま御心労が
有ったと思いますゆっくり休んで下さい。

URL | クロスプレーン #-
2013/12/04 20:14 | edit

ミツさんにとって優しいおじいさん、
ご冥福お祈りいたします

自分も父が逝って二週間、問題多発してますが
これから先の事を考えれば、前に向かって突き進むしかない!
と夫婦で考えてます。

最近再確認したこと、、、
奥様 (女) は強い! (笑)

男は案外小心者、特にB型は決断力に欠けてます (個人差有ります・笑)
ミツさんも旦那様をうまくサポートしてあげてくださいね♪






URL | レオ #-
2013/12/04 21:44 | edit

記事を読んで入るだけで、義祖父が幸せだったのが伝わってきますね。
義祖父様も家族の皆様もお疲れ様です。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

URL | 燃やし #-
2013/12/05 03:58 | edit

ミツさん ・・・

大好きなおじい様、御逝去されたのですね。
お悔やみ申し上げます。 合掌。

おじい様との思い出は、決して消えることはありませんので、
これからは、おじい様の思い出とともに、
ますますミツさんと御家族が幸せになりますように、
応援させていただきます。

ミツさん、お疲れ様でした。
心より御冥福をお祈り申し上げます。

URL | とんぼ #-
2013/12/05 12:18 | edit

お悔やみ申し上げます

とっても素敵なおじいさんだったということが、すごく伝わってきましたよ。
ふとした時に寂しい気持ちにもなるかもしれませんが
隣には素敵なご主人がいますし、おじいさんだって見守ってくれていると思います。
周りには自分を支えてくれる人がたくさんいます。

イロイロ言わなくなってミツさん自身すでに分かっていることだとは思いますが、お互い胸張って前進していきましょうね!

URL | うどんこ #-
2013/12/05 16:52 | edit

お悔やみ申し上げます

孫嫁さんがミツさんで、おじい様とっても幸せだったと思います。
おじい様もみなさんが笑顔で生きていかれる事を望んでいるのでは、
ご家族皆さんが早く笑顔を取り戻せるように祈っております。

URL | マサト #-
2013/12/05 18:25 | edit

大変でしたね

自分は、じいさんばあさんが亡くなってもう10年になります。
ばあさんっ子だった自分はその当時本当に落ち込みました。

落ち込んだ自分を見て、ばあさんが喜ぶはずはありません。

ミツさん夫婦も、おじいさんを安心させてあげてくださいね。

URL | ヨシ #-
2013/12/05 19:47 | edit

おじいちゃん、逝去されたんですね・・・。

ずっと介護やお世話
大変だったね。
お疲れ様。

しばらくは心にぽっかり
穴が開いたようになるかもだけど・・・
時間が解決してくれますよ。

おじいちゃんもミツさんや
ご家族みんなの優しさに
喜んで旅立たれたと思います。
謹んでご冥福をお祈りいたします。


そうそう!
大型教習もがんばってよ!
きっと、おじいちゃんも天国から
見守っててくれるさぁ~!

URL | TAKU #-
2013/12/05 20:16 | edit

こんばんは。

心よりお悔やみ申し上げます。


おじいさんも次へとバトンを渡されたのですね。
ミツさん、そして家族の方の気持ちを考えると何も言えませんが渡されたバトンをしっかり次へと運んでいきたいものですね。

そして、残された家族の笑顔がいちばんの供養になると思います。

葬儀等でおつかれと思いますのでくれぐれも体調にはお気をつけ下さい。

URL | にんにん@52 #-
2013/12/05 20:41 | edit

Re: タイトルなし

→のりまきさん

お返事遅れてごめんなさい。

>家庭に新しい生が生まれる喜びがあり、立派に家族を支えた者の引退もあります

読ませていただく中で本当にそうだなぁと思いました。
静かに亡くなった義祖父。最期までしっかりと見送れた自分も少なからず誇りに思えています。
こういう機会をくれたおじいちゃんには感謝するばかり。

今度は自分が次の世代を担っていく番なので、主人と二人で頑張っていきます。

URL | ミツ #-
2013/12/11 08:34 | edit

Re: おくやみもうしあげます

→クロスプレーンさん

お返事遅れてごめんなさい。
そしてありがとうございます。

最期の最期まで、義祖父は色々と気を遣って逝きました。
私達のツーリングや義祖母の旅行と重ならない、よく晴れた穏やかな陽気の日に。
一年4ヶ月と言葉にすれば短い時間でしたが、私にとってはとても長く、でもあっという間の時間。
義祖父は幸せだと思ってくれていたと感じています。

家族も皆落ち着き、またいつものように生活しています。
お心遣い、ありがとうございます。

URL | ミツ #-
2013/12/11 08:37 | edit

Re: タイトルなし

→レオさん

お返事遅くなってごめんなさい。
そしてありがとうございます。

うちもやはり一家の大黒柱という存在でしたので、色々とやらねばならないことが山積み状態(苦笑)。
でも旦那をはじめ、一生懸命前を向いています!!
ほんと、突き進むしかないですね☆

女は、強い?かな??(;´∀`)笑
むふふ~レオさんはB型ですかぁ~☆
でも女のほうがさっぱりしているかもしれませんね、現実派というか。

因みにうちの旦那は全くそんな雰囲気を醸し出さない、A型だったりします(*`艸´)
今でも私、信じていませんからね(笑)。

URL | ミツ #-
2013/12/11 08:42 | edit

Re: タイトルなし

→燃やしさん

お返事遅くてごめんなさい。

義祖父、きっと幸せだったって思ってくれてますね♪
一緒にいた私が言うんだから、間違いないヽ(◎´∀`)ノ

また元気な記事書きますから、見に来てやってください。
私も燃やしさんのブログ、楽しみにしています(*≧∪≦)

URL | ミツ #-
2013/12/11 08:43 | edit

Re: タイトルなし

→とんぼさん

お返事遅くなりごめんなさい。

はい、あっという間に義祖父は逝ってしまいました。
長く、でも短い、そんな一年4ヶ月でした。

そうですね(*´∀`)
おじいちゃんとのたくさんの思い出が、私を前に進ませてくれます。
きっと色んなことを応援してくれているはず。
空ではおじいちゃんが見守っているので、恥ずかしいことはできませんね。しっかりと前を向き、おじいちゃんが残してくれた数々の大事なものを守っていかないとと思っています!

12月になり、寒くなりましたので、とんぼさんも風邪引かれませんように。
ご自愛くださいね♪

URL | ミツ #-
2013/12/11 08:47 | edit

Re: タイトルなし

→うどんこさん

お返事遅くなり本当にごめんなさい。
そしてありがとうございます。

とても優しいおじいちゃんでした♪
まだ亡くなったのが嘘のように感じるときもありますが、しっかりと受け止めて前へ進んでいかなきゃいけませんね。
せっかくこうしてたくさんの思い出も貰えたのだから、空から見守っているおじいちゃんに恥ずかしい姿は見せられません。
主人と一緒にこれから頑張っていきます(*´∀`)

うどんこさん、体も気持ちもしんどかったでしょうから、体調には十分気をつけてくださいね。
そして、お互いに前進していきましょうね♪

URL | ミツ #-
2013/12/11 08:53 | edit

Re: タイトルなし

→マサトさん

お返事遅くなりごめんなさい。

おじいちゃんはきっとそう思ってくれてますね♪
今はみんな落ち着き、普段通りの生活を送っています。
義祖母はちゃんと見送れ、ほっとしていると同時にこれから一人で生活することになるので、色々準備しているようにも見えます。

私もおじいちゃんの死を受け止め、しっかり前を向いていこうと思っています!
夫婦で頑張っていきます(*≧∪≦)

URL | ミツ #-
2013/12/11 08:56 | edit

Re: タイトルなし

→ヨシさん

お返事遅くなり、本当にごめんなさい。
そしてありがとうございます。

そうですね、悲しんでいる姿を見せていたら、おじいちゃんも安心してのんびりできませんね。
今は家族皆、普段通りの生活に戻りましたが、自分はまだ亡くなったのが嘘のように思えるときもあります。

それでも前を向いて、おじいちゃんを安心させてあげないと駄目ですね!
思い出もたくさん貰ったのだから、恥ずかしい姿ではなく、笑顔で明るい主人と自分を見てもらわないと(○´∀`)ノ
頑張ります!

URL | ミツ #-
2013/12/11 09:00 | edit

Re: タイトルなし

→TAKUさん

お返事遅くなり、本当にごめんなさい。
そしてありがとうございます。

お世話をしているときは大変だなぁ~と思うけれど、1年4ヶ月はあっという間。
でも自分ではちゃんと見送れたという自信も誇りもあります。
こういう機会を貰ったおじいちゃんには本当に感謝しています。

時々まだ亡くなったのが嘘のように思えるときもあるけど、家族皆、今は普段どおりの生活に戻り、笑顔を取り戻しています。
私もしっかりと受け止めて前に進んでいこうと思っています(○´∀`)ノ

教習も行ってます!
まだ二回しか行ってないけど(;´∀`)笑
卒検受かったらすぐにおじいちゃんに報告しに行きます!

URL | ミツ #-
2013/12/11 09:04 | edit

Re: タイトルなし

→にんにん@52さん

お返事が遅くなり、本当にごめんなさい。
そしてありがとうございます。

そうですね。
おじいちゃんが残してくれた大事なものを私達がまた次の世代へと引き継いでいかなくてはけいませんね。
まだふと亡くなったのが嘘のように感じるときもありますが、しっかりと受け止めて前に進んでいかないといけませんね!

悲しんでいる姿ばかり見せていたらおじいちゃんも安心できません。
笑顔で毎日を大事にこれからも過ごしていこうと思いますヽ(◎´∀`)ノ

URL | ミツ #-
2013/12/11 09:08 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。